更新日: 2014年12月25日

地震ハザードマップ

地震ハザードマップ作成の目的

近年、自然環境が大きく変わるなか、各地で地震をはじめとする自然災害によって甚大な被害が発生しています。
被害を最小限に抑えるには、防災関係機関と連携を図りながら、町民の皆さんが「自分のことは自分で守る」、そして「地域の力を結集して守る」という心構えが大切です。
こうしたなか、長瀞町では、万一の災害の発生に備え、町民の皆さんの生命と財産を守るため、防災体制を備えています。
その一環として、「地震ハザードマップ」を作成しました。

作成したマップの種類

作成したマップは次の2種類で、町内を250メートル四方に分割し、作成しました。

危険度マップ

震度と建物構造などから、全壊する建物の割合(全壊率)を算出し、3段階の危険度として示したものです。

揺れやすさマップ

地盤の状況とそこで起こりうる地震の両面から、地域の地表の揺れやすさを震度として評価し、表現したものです。

想定した地震

平成19年に埼玉県が実施した地震被害想定調査のうち、最も当町に影響のある「深谷断層の活動による地震(想定マグニチュード7.5)」が発生した場合を元に作成しています。

マップの利用にあたって

お住まいの地域の状況をご確認いただき、家具の転倒防止措置や建物の耐震化、避難所や避難経路、連絡先などを確かめ、「いざ」というときのために備えておいてください。

マップのダウンロード

記事面

表紙
わが家の防災メモ
地震が発生したら・・・
気象庁震度階級関連解説表
家庭内の防災チェック
日ごろから備えておくもの
屋内にいたら・・・屋外にいたら・・・
日本で発生する地震のタイプ

危険度・揺れやすさマップ

下の項目をクリックすると別ウィンドウが開いて内容を見ることができます。ファイルは、JPG画像で作成されています。

関連項目

リンク

総務課自治振興担当
電話番号 0494-66-3111 内線番号 212・215
FAX番号 0494-66-0894