健全化判断比率等(平成22年度)

健全化判断比率等

指標長瀞町早期健全化基準財政再生基準
実質赤字比率15.0%20.0%
連結実質赤字比率20.0%40.0%
実質公債費比率14.1%25.0%35.0%
将来負担比率130.3%350.0%

※実質赤字比率、連結実質赤字比率は黒字であり、数値が算定されていないため「-」で表示している。

資金不足比率

指標長瀞町皆野・長瀞水道企業団財政健全化基準
上水道下水道
資金不足比率長瀞町には公営企業がないため該当ない20.0%

※皆野・長瀞上下水道組合の上下水道会計は、資金の不足がないため「-」で表示している。

平成22年度比率は、いずれも早期健全化基準を下回り「健全段階」にありますが、今後も厳しい財政状況が続く事が予想されますので、引き続き財政の健全化のための取り組みに努めてまいります。

町政情報へ戻る