矢那瀬の石幢

矢那瀬の石幢

名称

やなせのせきどう

矢那瀬の石幢

所在地

長瀞町大字矢那瀬958

指定日

昭和30年11月1日

説明

六地蔵を刻した石灯籠形の重制石幢で、県下では室町時代の石幢の代表的なものとして知られている。石幢の始まりは平安時代末頃からで、六地蔵との習合は室町時代からと言われる。輪廻塔の車石は、後生車とも呼ばれ、南無阿弥陀仏の名号が彫られ、廻せば念仏を唱えたと同様で、死者の輪廻転生を救うという。
また、すぐ近くには 「榎の実ちるむくの羽音のはつ嵐」 という芭蕉の句碑がある。

長瀞町のことへ戻る