玉泉寺欄間彫刻

玉泉寺欄間彫刻

名称

ぎょくせんじらんまちょうこく
玉泉寺欄間彫刻

所在地

長瀞町大字長瀞1827

指定日

昭和45年9月1日

説明

玉泉寺は宝登山神社と隣接している。
本堂欄間、縦75㎝、横127㎝、厚さ10㎝の欅板に弘法大師の生涯像12枚と裏側2面に16羅漢像と、孔門の十哲が彫刻されている。天然岩絵具を極彩色をほどこしたものである。貞享4年(1687)に本堂を再建した記録が棟札としてあるので、その頃の作と推定される。作風は丁寧で重量感に富み、立派な彫刻である。真言宗系寺院の欄間としては、秩父郡市内では他に見られぬ秀作であろう。

長瀞町のことへ戻る