積蔵院青石塔婆

積蔵院青石塔婆

名称

しゃくぞういんあおいしとうば
積蔵院青石塔婆

所在地

長瀞町大字井戸 積蔵院墓地内

指定日

昭和45年9月1日

説明

積蔵院の墓地内にある。明治末期、積蔵院所有の蓬莱島から発掘されたが、後にこの寺の墓地に移された。向かって左から高さ85㎝、79㎝、73㎝と寸法はやや異なるが、3基とも弥陀(キリーク)観音(サ)勢至(サク)の三尊を種子(梵字)で表し、連台上に配する弥陀三尊の形式をとっている。3基とも元亨3年(1323)発亥6月11日を刻し、小形だが山形や2線の切込みも端正で下部両側に線刻する3具足の1つ花瓶の図様など鎌倉期の特徴をよく備えた塔婆である。3基連立の塔婆は唯一で貴重な資料である。

長瀞町のことへ戻る