特別児童扶養手当

特別児童扶養手当

支給対象者

精神又は身体に一定の障害がある20歳未満の子どもを養育している父母又は養育者

ただし、次の場合には受けられません。

  • 申請する方や子どもが日本国内に住所を有しないとき。
  • 子どもが障害による公的年金を受けることができるとき。
  • 子どもが児童福祉施設等に入所しているとき。

支給対象者

申請した翌月から、年に3回、4月(12~3月分)、8月(4~7月分)、11月(8~11月分)に4か月分ずつ支払われます。

支給額(令和4年4月分から)
障害の状態月額(1人につき)
1級(重度)52,400円
2級(中度)34,900円

※障害の状態は、各種障害者手帳の等級とは異なります。

所得制限

申請者やその配偶者、及び生計が同一の扶養義務者(受給資格者の直系親族、兄弟姉妹)などの所得により、手当の支給が停止されることがあります。

所得制限額(単位:円)
扶養人数本人配偶者・扶養義務者
4,596,0006,287,000
4,976,0006,536,000
5,356,0006,749,000
5,736,0006,962,000
6,116,0007,175,000

※「所得」とは、収入から必要経費(給与所得控除等)控除後の額です。
※所得制限限度額は年によって変更されることがあります。

必要な届出

所得状況届

特別児童扶養手当を受けている方は、毎年8月12日から9月11日までの間に所得状況届を提出してください。

資格喪失届

特別児童扶養手当の支給要件に該当しなくなった場合(子どもを監護しなくなったとき、子どもが児童福祉施設等に入所したときなど)は、速やかに提出してください。

その他の届

住所を異動したとき、支給要件に該当する子どもが増えたときなど。

くらし・健康・福祉へ戻る