クビアカツヤカミキリ駆除用品を配布いたします

クビアカツヤカミキリ駆除用品を配布いたします

町では、クビアカツヤカミキリ(特定外来生物)による被害を受けている樹木の存在する町内土地所有者等に対し、駆除用品を配布いたします。

配布用品

  1. スプレー式薬剤(薬剤名:ロビンフット又は園芸用キンチョール)
    被害樹木5本以内につき、薬剤1本  【随時配布】
  2. 成虫拡散防止ネット
    被害樹木1本につき、縦2m、横2~5m
    【配布は2月からを予定しておりますが、事前にフラス※が発生した写真を撮影しておいてください】
     ※フラス:幼虫が排出する褐色のカリントウ状のもので、フンと木くずが混ざったもの

申請受付期間

  • 受付期間:令和4年9月20日(火)~ なくなり次第終了
  • 受付時間:8時30分~17時(土日祝と年末年始を除く)

申請書(別記様式)に必要事項を記入し、必要書類を添えて、町民課窓口へ提出してください。

対象樹木

クビアカツヤカミキリの被害を受けている長瀞町内の樹木
※主な被害樹木・・・サクラ、モモ、スモモ、ウメなど

配布対象者

次のいずれかに該当する方が対象です。

  • 被害樹木が存在する土地所有者又は同一世帯である者
  • 被害樹木が存在する土地所有者等から、その土地の管理を任されている者

配布を受ける際に必要なもの

  • 申請書(様式第1号)
  • 1本ごとの被害樹木の写真(樹木全体・フラス排出箇所:計2枚)
  • 土地の管理を任されている方が申請する場合は、土地所有者からの委任状(様式第2号)
  • 申請者の身分証明書(本人確認書類)
    ※写真は現像してお持ちいただくか、下記メールアドレスまで送信してください。
    メールアドレス:choumin@town.nagatoro.saitama.jp

駆除方法

  • スプレー式薬剤の散布(幼虫の駆除)
    1. フラスが発生している排出孔に、針金や千枚通しなどを使用し、フラスを取り除きつつ、奥まで差し込む。
    2. スプレー式薬剤のノズル部分を排出孔に軽く差し込み薬剤を注入する。
    3. 定期的に見回り、フラスがある場合、1、2を繰り返しおこなう。
  • 虫拡散防止ネットの設置(成虫の駆除)
    1. 大量のフラスが確認された樹木について、幹にネットを1周から1周半程度巻付ける。上部は幹にしっかり固定し、下部は地面にピン等で固定する。
    2. 定期的に見回り、羽化した成虫がネット内にいれば捕殺する。
    3. 羽化期が終わる9月以降にネットを取り外す。

活動時期

幼虫  3月~10月(フラスは5月~10月に排出されます)
成虫  6月~ 8月(羽化期)

防除作業時期

伐採時期     11月~2月 ※クビアカツヤカミキリが活動しない時期
薬剤注入時期   4月~10月 ※樹木が水分を引き上げる期間
ネット設置時期  2月~10月 ※クビアカツヤカミキリが活動する初期において早めに設置し、活動が休止するまでの期間

くらし・健康・福祉へ戻る