クビアカツヤカミキリに注意してください

クビアカツヤカミキリに注意してください

令和4年6月24日(金)、大字矢那瀬地内でクビアカツヤカミキリが確認されました。
クビアカツヤカミキリは、サクラなどに寄生し、樹木を衰弱させ、枯死させる危険性のある特定外来生物です。このカミキリを確認したときは、踏みつぶすなどして駆除し、担当へ情報提供くださいますようお願いします。被害の拡大防止にご協力ください。

特徴

名称(和名)クビアカツヤカミキリ
原産地中国、モンゴル、朝鮮半島、ベトナム
体長2㎝~4㎝
体色胸部(クビ)が赤色。全体は光沢のある黒色
生態幼虫は樹木内で2~3年かけて成長し、さなぎとなる。
成虫は6月から8月に木の枝や樹皮に産卵する。成虫の寿命は2週間以上
被害樹木サクラ、ウメ、モモ、スモモ、プルーン

確認方法

  • 幼虫は樹木に侵入し、その穴から「フラス」という棒状のフンを排出します。樹木に多数の穴があり、その下にフラスがある場合、幼虫が生存している可能性が高くなります。
  • 成虫は長径が2~3㎝の楕円形の脱出孔をつくり、出てきます。複数の脱出孔がある場合、内部の食害が進んで木が枯れてきます。

詳しくは、埼玉県ホームページからご確認ください。

くらし・健康・福祉へ戻る