更新日: 2021年1月7日

違法な一般廃棄物(不用品)回収業者にご注意ください

廃家電や粗大ごみなど、町が回収できないご家庭の廃棄物を回収することができるのは、「一般廃棄物収集・運搬許可業者」に限られます。無許可の廃棄物回収業者は利用しないでください。

違法と疑われる廃棄物回収業者の例

  • トラック型回収
  • スピーカーで放送しながらトラックなどで町内を巡回し、廃家電などの廃棄物を回収する業者。無料をうたいながら、運搬費・作業費などの名目で料金を請求する事例もあります。

  • 空き地型回収
  • 空き地に「無料回収」などののぼり旗を立てて、住民・事業者が直接持ち込むことで、廃家電などの廃棄物を回収する業者。リユース目的とうたいながら、不適切な保管をしている事例もあります。

  • チラシ配布型回収
  • 「◯月◯日に無料で不用品を回収します。」といったチラシをポストに投函し、廃家電などの回収を行う業者。行政による回収のように偽装するチラシもあります。

  • Web宣伝型回収
  • インターネット上で不用品回収の案内を掲示し、申込を受け付けて廃家電などを回収する業者。出張費等の名目で料金を請求する事例もあります。

違法な廃棄物回収の問題

  • 消費者トラブル
  • 「無料回収」とアナウンスしているにも関わらず、「リサイクル料」、「積込料」などの名目で高額な費用を請求され、消費生活トラブルにつながる例もあります。

  • 無許可営業
  • 一般家庭から排出される廃棄物を収集運搬するには、市町の「一般廃棄物収集・運搬許可」が必要です。許可なく廃棄物を収集運搬するのは違法行為です。(産業廃棄物処理業の許可や古物商の許可では一般廃棄物の回収はできません。)
    一般廃棄物収集・運搬許可業者(秩父広域市町村圏組合)

  • 不法投棄・不適正保管
  • 不用品回収業者が回収した製品は、適正にリサイクルされているかどうか確認することができません。価値のある製品、部品を売却し、残った不用なものを不法投棄する例もあります。適切な環境対策を行わずに処理することで有害物質が環境中に放出されたり、不適正な管理により火災が発生した例もあります。

このページの情報発信元

町民課環境衛生担当
電話番号 0494-66-3111 内線番号 126
FAX番号 0494-66-3564