○長瀞町検定受検料助成金交付要綱

平成29年3月13日

教委訓令第1号

(趣旨)

第1条 この要綱は、公益財団法人日本英語検定協会が実施する実用英語技能検定(以下「英検」という。)及び公益財団法人日本数学検定協会が実施する実用数学技能検定(以下「数検」という。)の受検について、受検機会の拡大及び児童・生徒の学力向上を図るため、検定料の助成を行うことに関し必要な事項を定めるものとする。

(助成対象者)

第2条 助成金の交付対象者は、町内に住所を有し、英検及び数検を受検した小学生・中学生(以下「受検者」という。)の保護者とする。

(助成額等)

第3条 助成金の額は、予算の範囲内において、受検者1人につき1回当たり1,000円とする。

2 助成を行う回数は、英検及び数検それぞれに対し、1年度につき1回とする。

(助成金交付申請及び実績報告)

第4条 助成金の交付を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、長瀞町検定受検料助成金交付申請書兼実績報告書(様式第1号)に受検したことを証明するものを添えて、教育長に提出しなければならない。

2 前項の申請書の提出期限は、英検及び数検を受検した日の属する年度の2月末日までとする。

(助成金の交付等)

第5条 教育長は、前条の規定により提出された申請書を審査の上、助成金の交付の可否を決定するとともに助成金の額を確定し、長瀞町検定受検料助成金交付決定通知書兼交付確定通知書(様式第2号)又は長瀞町検定受検料助成金不交付決定通知書(様式第3号)により、申請者に通知するものとする。

2 前項の交付決定を受けた者は、長瀞町検定受検料助成金交付請求書(様式第4号)により、助成金を請求することができる。

(交付決定の取消し等)

第6条 教育長は、助成対象者がこの要綱の規定に違反し、助成金の交付を受けたことが明らかになったときは、助成金の交付決定を取り消し、既に交付された助成金の全部を返還させることができる。

(その他)

第7条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、教育長が別に定める。

附 則

この訓令は、平成29年4月1日から施行する。

附 則(平成30年教委訓令第2号)

この訓令は、平成30年4月1日から施行する。

附 則(令和4年教委訓令第3号)

この訓令は、令和4年6月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

長瀞町検定受検料助成金交付要綱

平成29年3月13日 教育委員会訓令第1号

(令和4年6月1日施行)