更新日: 2014年12月25日

給与所得者の個人住民税は「特別徴収」で納税をお願いします

給与所得者の個人住民税は、法令により、事業主が給与から特別徴収(給与天引き)をして、従業員に代わって町に納税することになっています。

事業者の皆さま

  • 所得税は源泉徴収をしているけれど、個人住民税は特別徴収していないということはありませんか。原則として、パート・アルバイトを含むすべての従業員から、特別徴収を行う必要があります
  • 税額の計算は町が行いますので、所得税のように税額の計算や年末調整をする必要はありません。町で税額計算を行い、従業員ごとの税額を通知します
  • 埼玉県の入札参加資格申請の際には、「特別徴収」を実施していることが、条件として加わりました

従業員の皆さま

  • 特別徴収になると、納税の手間が省けます
  • 普通徴収が年4回払いなのに対し、特別徴収になると年12回払いとなるため、1回あたりの負担が軽くなります

県内の全市町村において、個人住民税の特別徴収の徹底に取り組んでいます。
給与からの特別徴収を行っていない事業主の皆さまは、お早めに手続きをお願いします。

リンク

個人住民税の給与からの特別徴収制度について(埼玉県)

このページの情報発信元

税務課住民税担当
電話番号 0494-66-3111 内線番号 114・115
FAX番号 0494-66-3564