更新日: 2015年3月31日

軽自動車税に関するよくある質問

軽自動車等の手続き窓口について教えてください

軽自動車税登録申請窓口一覧

車種手続きの場所
原動機付自転車(125cc以下)
小型特殊自動車(農耕車含む)
ミニカー
長瀞町役場1階 税務課窓口
長瀞町大字本野上1035-1
電話:0494-66-3111
軽自動車 二輪(125cc超250cc以下)
二輪の小型自動車(250ccを超えるもの)
埼玉県陸運支局熊谷自動車検査登録事務所
熊谷市御稜ケ原701-4
電話:050-5540-2027
軽自動車(三輪・四輪)軽自動車検査協会埼玉事務所熊谷支所
熊谷市新堀字北原960-2
電話:050-3816-3112

ページの先頭へ戻る

軽自動車を譲ったり、廃車したりしたのに納税通知書が届きましたが、なぜですか?

軽自動車税は、毎年4月1日に登録されている方に課税されますので、4月2日以降に名義変更などの手続きをされても、その年度の軽自動車税はあなたにかかることになります。

譲った場合

4月1日以前に譲ったにも関わらず税金の通知が届いた場合は、譲り受けた方が名義変更などの手続きをされていないか遅れた場合が考えられます。
その場合は、譲った相手に確認をお取りください。
4月1日以降に名義変更された場合は、以前の所有者の方が納税者となりますので、自動車税を納めていただくことになります。
手続きが完了しますと、翌年度については新しい所有者に課税されます。

既に廃車された場合

軽自動車や125cc超えるバイクの場合、軽自動車検査協会や運輸支局からの通知が町に届くまで時間がかかることが原因と考えられます。
また、熊谷ナンバーの管内から転出して、他管内のナンバーに変わった場合は、変更内容が確認できる「軽自動車税申告書(報告書)」の写しを必ず送付してください。

解体した場合

4月1日以前に解体業者に依頼して解体したのに納税通知書が届く場合も、正式な廃車手続きをしていないことが考えられます。
資格のある解体業者から必要事項が記入された解体証明書を取得して、それぞれの手続きを窓口で行ってください。

ページの先頭へ戻る

軽自動車を使用していない、乗っていないのに軽自動車税はかかるのですか?

軽自動車税は、軽自動車を所有していることに対して課される税金で、毎年4月1日に登録している方にかかります。
利用不能で放置している場合でも、標識を返納し廃車手続きをしないと軽自動車税は課税され続けます。

また、所有することに対して課税されますので、「乗るつもりはないが持っていたい」というような場合でも、税金は納めていただきます。

ページの先頭へ戻る

軽自動車を所有していないのに納税通知書が届いたのはなぜですか?

軽自動車税は、三輪・四輪の軽自動車税のほかに、軽二輪(125cc超250cc以下の二輪車)、二輪の小型自動車(250cc超の大型の二輪車)、原動機付自転車(125cc以下のバイク)、小型特殊自動車(農耕作業用や特殊作業用)などの所有者に課税される税金です。

また、自分では所有していないつもりでも、ご家族の使用する軽自動車の登録名義になっていることもありますのでご確認ください。

ページの先頭へ戻る

軽自動車税の障害者減免制度について教えてください

身体に障害があるかた(身体障害者・戦傷病者・精神障害者)が通院・通学・生業などのために使用する軽自動車については軽自動車税の減免制度があります。

区分表

所有者・納税義務者運転者使用目的
障害者障害者本人
または障害者と同世帯もしくは同一扶養世帯親族の方
障害者の通院、通学、通所等のために使用
障害者と同一生計の方
障害者のみで構成される世帯の障害者障害者を常時介護する方

ページの先頭へ戻る

標識(ナンバー)交付について教えてください

以下の車両については、役場税務課窓口にて登録・ナンバーの交付を行っております。

  • 原動機付自転車(125cc以下)
  • 小型特殊自動車(農耕用トラクター等)
  • ミニカー

登録(新規)に必要なもの

  • 所有者(納税者)となるかたの印鑑(認印可)
  • 本人確認ができる証明等(運転免許証、パスポート、健康保険証等を確認させていただく場合があります)
  • 販売・譲渡証明書(もしお持ちでない場合は、車名・車体番号・原動機の型式番号・形式認定番号・排気量等が確認できるメモ等で結構ですが、実際に確認させていただきます。この車名・車体番号・原動機の型式番号、型式認定番号・排気量が確認できないと登録できないのでご注意ください。

廃車(登録解除)手続きに必要なもの

  • 所有者のかたの印鑑(認印可)
  • ナンバープレート(標識)

名義変更(町内の人に譲る場合)必要なもの

  • 旧所有者・新所有者となるかたの印鑑(認印可)
  • ナンバープレート(新しいナンバープレートが必要でない場合には持参していただかなくても結構です。)

ページの先頭へ戻る

他の市町村の友人からバイクを譲ってもらいましたが、どんな手続きが必要になりますか?

まず、友人(前の所有者)の方が廃車申告をして廃車証明書の交付を受けてもらいます。
つぎにあなたが印鑑、譲渡証明書、廃車証明書をお持ちの上、税務課の窓口で登録の申告をしてください。

手続きをしないまま使用していると、前の所有者に税金がかかってしまします。
役場で名義変更ができるのは、125cc以下のバイク(原付)、小型特殊自動車とミニカーです。

ページの先頭へ戻る

原付バイクを盗まれてしまったときは、どうすればいいですか?

原動機付自転車が盗まれてしまった場合は、以下の手続きを行ってください。

1 盗まれたとわかった時点で、最寄りの警察署または交番等に盗難届を出してください。その際に「盗難届受理番号(例:平成○○年第○○号)「届出警察署名」「届出日」を控えてください。
2 1の手続きを行ったあとに、税務課窓口までお越しいただき、廃車の手続きをしていただきます。

  • 盗まれたバイクが見つかった場合は再登録ができますので、廃車手続きをした際に発行した「廃車申告書」と印鑑を持参してください。
  • 盗まれたバイクが悪用される可能性がありますので、必ず警察に盗難届を出してください。
  • 廃車申告をしない場合、翌年度以降も課税されますのでご注意ください。

ページの先頭へ戻る

このページの情報発信元

税務課住民税担当
電話番号 0494-66-3111 内線番号 114・115
FAX番号 0494-66-3564