更新日: 2017年11月15日

児童手当

平成24年4月1日から「子ども手当制度」に代わり「児童手当制度」が開始されました。
この制度は、次代の社会を担う児童の健やかな成長に資することを目的としています。

手当を受給するために、出生時や転入時には、必ず申請手続きをしてください。

支給対象者

長瀞町に住民登録または外国人登録があり、中学校3年生までの児童(15歳になった最初の3月31日まで)を養育している保護者が対象です(原則児童の両親のうち所得の高い方が申請者となります)。

※公務員は、所属官公庁へ申請、受給となります。

手当月額

  • 0歳~3歳未満 一律15,000円
  • 3歳~小学校修了前 10,000円(第3子以降は15,000円)
  • 中学生 一律10,000円
  • 特例給付(所得制限額以上の世帯) 一律 5,000円

支給開始月

手当は、原則申請した月の翌月分から支給されます。

ただし、月末などに転入・出生した場合は、前住所の転出予定日、出生日の翌日から起算して15日以内に申請すれば、転出予定日、出生日の翌月分から支給されます。

※15日目が土日祝日などの閉庁日の場合、その直後の開庁日が15日目となります。

支払時期

手当は年3回、6月(2~5月分)、10月(6~9月分)、2月(10~1月分)に4か月分ずつ支払われます。

申請に必要なもの

  • 印鑑
  • 厚生年金等加入の方は、申請者の健康保険被保険者証の写し
  • 申請者(保護者)名義の普通預金口座番号が確認できる書類(預金通帳・キャッシュカード等)
  • 単身赴任などで対象となる児童と別居する方は、対象児童の属する世帯全員の住民票(本籍等省略していないもの)
  • 外国籍の方は、保護者および児童の外国人登録証の両面コピー、または、登録原票記載事項証明書
  • 児童手当用所得証明書(※平成29年1月1日現在、長瀞町に住所を有しない方のみ、また、平成29年11月13日よりマイナンバー制度の情報連携が開始され、該当の方については課税証明書の提出が省略可能となります。)
  • 申請者及び配偶者の個人番号(マイナンバー)が確認できるもの

※その他、状況により、提出が必要な書類があります(監護・生計同一申立書等)。

町外へ転出する方

受給者が長瀞町外へ転出する場合は、長瀞町での児童手当受給資格が消滅しますので、「受給事由消滅届」を提出してください。
転出先の市区町村で転出予定日から15日以内に新たに児童手当を申請してください。

※受給者が児童と別居となった場合は手続きが異なりますので、健康福祉課福祉担当までご連絡ください。

現況届について

現在受給中の方で、引き続き児童手当を受けるためには、毎年6月に「現況届」を提出しなければなりません。

この届は、毎年6月1日における状況を記載し、手当を引き続き受ける要件(児童の監督や保護、生計同一等)を満たしているかどうかを確認するためのものです。

この届の提出がないと、6月分以降の手当が受けられなくなりますので、ご注意ください。

手続き方法

手当を受けている方には、6月上旬頃に現況届を送付しますので、必要書類を添付し提出してください。

現況届に必要な添付書類

  • 健康保険被保険者証の写し(※申請者が、厚生年金等の加入者である場合)
  • その他、状況により、提出が必要な書類があります(監護・生計同一申立書等)

このページの情報発信元

健康福祉課福祉担当
電話番号 0494-66-3111 内線番号 124・128
FAX番号 0494-66-3564