更新日: 2014年4月1日

文化財

町には、国指定名勝及び天然記念物「長瀞」を初めとして、旧新井家住宅(国指定重要文化財)、野上下郷石塔婆(国指定史跡、日本一の板石塔婆)など多くの文化財があります。

これらの文化財は私たちの祖先が遺してくれた貴重な文化遺産であり、これを守り後世に伝えることは今を生きる私たちの使命でしょう。

なお、文化財の指定地内等で開発行為を行う場合には、許可申請等が必要になる場合もありますのでご注意ください。

文化財一覧

国指定重要文化財

種別・種類 名称 員数 概要
有文・建 旧新井家住宅 1棟 秩父地方板葺農家、切妻造、18世紀中頃の建築
記・史 野上下郷石塔婆
1基
現存板碑中最大、高さ5m、応安2年
名勝・天然記念物 長瀞 景勝と地質学、長さ約4km

県指定重要文化財

種別・種類 名称 員数 概要
有文・考 矢那瀬の石どう
1基
庚申供養塔、明応8年、高さ1.8m、車石付
天然記念物 パレオパラドキシア骨格化石(秩父市大野原産出) 1500万年前に秩父の海岸に生息したほ乳類パレオパラドキシアの化石
天然記念物 パレオパラドキシア骨格化石(小鹿野町般若産出) 500万年前に秩父の海岸に生息したほ乳類パレオパラドキシアの化石
記・史跡 寛保洪水位磨崖標 寛保2年、荒川大増水位を岩に刻む
記・旧跡 板石塔婆石材採掘遺跡 板石塔婆石材の原産地

町指定重要文化財

種別・種類 名称 員数 概要
有文・絵 多宝寺奉納絵馬 1面 文久3年頃の作、作者は不明
有文・絵 玉泉寺天井絵
1面
本堂仏間の板25枚に天女奏楽の姿
有文・彫 玉泉寺欄間彫刻
1括
弘法大師の生涯像。十六羅漢像
有文・工 鉄製菊花双雀鏡
1面
背面に26個の菊花模様と二羽の雀
有文・書 中林得常遺品
1括
文書(医学中心)、医療器具等
有文・考 万福寺宝篋印塔
2基
左塔、永徳2年、右塔、文明15年
有文・考 嶋田家宝篋印塔
2基
天文5年10月、天文5年12月
有文・考 積蔵院青石塔婆
3基
いずれも元亨3年6月11日の銘
有文・考 福田家青石塔婆
3基
一つに応長元年11月14日の銘
無  民 宝登山神楽 明治43年藤谷淵神楽団として発足
無  民 唐沢獅子舞 享保9年宮大工が頭を作る
無  民 岩田神楽 宝登山神楽の流れ、大正3年発足
無  民 風布の回り念仏 風布地区を正月・盆の16日頃に回る
記・史跡 西浦採銅坑跡 荒川河流の絶壁から東南方向の坑道
記・天然 横臥褶曲(菊水岩) 岩肌に地衣が発生し線が白く見える
有文・考 法善寺の自然銅
1口
重さ約22.5kg、不正三角錐体
記・天然 多行松
1本
樹高10m、樹齢約二百数十年
有文・彫 役行者像
1体
腰掛座像1.65m、前鬼後鬼付
記・天然 法善寺のしだれ桜
2本
樹齢百年余、枝張16m
記・天然 武野上神社の欅
9本
樹齢約七百年の御神木。
有文 北条氏邦感状及び印判状 2点 戦国時代末期の武将北条氏邦が山崎家の先祖にあてた文書で町最古。
無民 坂上家の正月行事 民俗行事として貴重な大正月・小正月の行事を今に伝える。
天然記念物 法善寺のアラカシ
1株
推定樹齢五百年、樹高約27m、目通り3.52m
天然記念物 玉泉寺のタラヨウ
1株
推定樹齢百五十年、樹高約12m、目通り1.55m。
天然記念物 法善寺のナツグミ
1株
推定樹齢百五十年、樹高約10m、目通り1.49m
天然記念物 宝登山神社の相生の松
2株
アカマツとクロマツの対
アカマツ推定樹齢百年
クロマツ推定樹齢百年
昭和天皇の御成婚を祝し、野上・樋口の青年団員が大正末年に植栽。

このページの情報発信元

教育委員会生涯学習担当(社会体育)
電話番号 0494-66-3111 内線番号 305
FAX番号 0494-66-3176