更新日: 2021年10月15日

ながとろビジネスコンペの採択事業決定通知交付式開催

コーヒーやスイーツ、アスレチック倉庫、コミュニティービジネスから脱炭素促進まで
長瀞町を活性化させる個性豊かな6事業者が採択

町では、地域の活性化及び新型コロナウイルス感染症の渦中における新規事業チャレンジをサポートすることを目的として「ながとろビジネスコンペティション」を9月7日及び8日に開催し、採択となった町内事業者4件、県外事業者2件の計6者に対し、10月13日(水)に、長瀞町役場において採択決定通知書交付式を行いました。
各事業者はそれぞれ事業に対する想いや今後の予定などについてお話しいただき、交流会ではそれぞれの事業の連携や今後の町との連携強化などについて、活発に意見交換がなされました。
採択となった事業について、町がサポートを行いつつ、各自で事業化に向けて準備を進めていただきます。

ながとろビジネスコンペティションについて

長瀞町でのスタートアップ支援事業として、総額2,500万円(1者最大500万円)を事業採択者に補助するビジネスコンペティション。町内外から26者からの応募があり、書類選考を通過した12者が審査員7名(銀行・町内関係者等)に対してオンラインでプレゼンテーションを行い、最終的に6者が採択となりました。

採択事業者及び事業概要

ワイ・マネジメント株式会社

提案事業内容:アウトドアスイーツキットの開発

アウトドアなコト(体験)であふれる長瀞に、アウトドアなモノ(物品)を生み出す事業。町内の人気ガレット屋『長瀞とガレ』経営のナレッジや博報堂出身の代表取締役による知見と人脈を活かし、”作る姿がぜんぶカワイイ”アウトドアスイーツミールキットの開発を行う。

株式会社コラム

提案事業内容: 倉庫deアスレチック事業

「遊びが体感を鍛える、チャレンジが自信になる」をテーマに、町内在住者をはじめ、近隣市町村在住者・観光客が楽しめるスポーツレジャー施設を提供。イベント事業のノウハウを活かし、トランポリン、エアリアルヨガ、キッズゾーン、ゴーカートなどのコンテンツを揃え、自社敷地内に空間を創出していく。

株式会社原田造園

提案事業内容: 移住と地域住民をつなぐコミュニティビジネス

移住者としての長瀞町の課題を肌で感じ、「移住者体験用宿泊・交流サービス」「草木管理サービス」「御用聞きサービス」などの事業を展開し、人と人をつなぐコミュニティビジネスを展開していく。代表の原田氏は現在長瀞町への移住に向けて準備中。

長瀞NEMAKI

提案事業内容: コーヒースタンド事業

海外での経験やアウトドア関連の職の経験を経て、2020年より長瀞でゲストハウスを運営しているオーナーが、観光の中心地の一角で、新たにコーヒースタンド事業を展開する。コーヒースタンドをきっかけとし、周辺エリアの活性化を計画中。

GREENFARM COFFEE&SUPPLY

提案事業内容: コーヒースタンド事業

スウェーデンのロースターで焙煎したスペシャルティコーヒーや軽食などを販売するコーヒースタンド。キッチンカーや映画祭などのイベントを定期的に開催し、観光と地域を繋ぐ持続可能なローカルコミュニティを形成していく。

株式会社プラゴ

提案事業内容: EV充電器設置・秩父地域脱炭素化

長瀞町の脱炭素化先行地域化に向けた町内拠点への充電スタンド設置と、観光地としての更なる魅力向上のため、長瀞町の E V を取り巻く全てを「おもてなし」にする電気自動車での旅の企画化やトラベルガイドの作成を行う。